スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡太郎

明日は北欧の杜でブヒ大集合!
楽しみだねー!フラさん!

ふ、フラさん?!



フラさんの寝ぞう、尋常じゃない時が時々あります。
本人は至って安眠中です。

今日の話題は秋田の美味しいモノ!
先日、テレビで紹介されていた「八幡太郎」という洋食屋さんに行きました。
5274
洋食屋さんとは思えない佇まい…
一瞬ためらいましたが、店内へ。
5279
地元の新聞でも何度か取り上げられ、結構有名。
首都圏でシェフを長年やり、早期退職して生まれ故郷の合川にお店を出したそう。
その味は口コミで広がり、最近では遠い県南地方や県外からもお客さんが来るほど。
人の良さそうなおじいちゃんがたった一人で厨房を切り盛りしています。

5276
saemoは定番の煮込みハンバーグ(¥800)
ふんわりやわらかいハンバーグでした。

5275
旦那は豚のしょうが焼き定食(¥700)
甘さと辛さとしょっぱさが絶妙なハーモニー
基本がしっかりしていて、加減が素晴らしい!
手作りのドレッシングがまた絶妙!

      ↑
(以上、味について熱く語る旦那談)

スープ(これも基本の味がしっかりしていて美味しい♪)5277
これに食後にコーヒーがついたランチセット、
2人食べて1500円って安すぎます~(^◇^)

5278
夜は夜で楽しめそうなラインナップ…

…と、思っていたら昨日の夜ウチで飲んでた農業の師匠、おぢさん2人が
超酔っぱらって、saemoのどきどき運転で家に送り届ける途中
八幡太郎の話題になって「この前行ったんだよ~」なんて話してたら
「あや!八幡太郎だば、わの知り合いだ!!
 これがら行ぐべ!あべ!あべ!」

(訳:あら!八幡太郎は俺の知り合いだ!これから行こう!行こう!行こう!)となり、
閉店間際の八幡太郎さんに再び来店しました。

ウチでしっかりご飯を食べていたので、ポテトサラダと山菜の和え物だけ頂きましたが
美味しかったです。
今度は腹ペコで夜のメニューを堪能しに行きたいと思います。
ちなみにお店は秋田縦貫内陸鉄道・合川駅からすぐです。
駐車場もすぐ近くに止められる所があるので、車でいってもOK!

で、無事に酔っ払いおぢさんを送り届けて戻ると

訳:父ちゃん母ちゃん、また美味しいモノ食べてきたでしょ。匂いするよ!

5273
訳:ずるいぃ~

フラさん、相当のご立腹顔です…



ランキングに参加しています。
ここをポチっとな!とクリックして下さい。
   ↓
フレンチブルドッグひろば

Comment

2009.05.27 Wed 21:36  |  

夜のメニューもしっかりチェックしちゃった~
「ボンナの酢味噌合え300円」ってなんだ~!?
ボンナ・・・???

明日は秋田組大集合ですね~~
報告楽しみにしてま~す。

2009.05.28 Thu 08:21  |  

同上、ボンナって?

馬肉の煮付けも旨そう。つーかみんな安いねー
行きつけになるんじゃ?いろいろレシピをパクってきてください。

こっちは雨。オフ会大丈夫かな?

2009.05.28 Thu 14:23  |  まんずです~。

>TAJImamaさん&梅松父さん
ボンナも山菜のです~。
お浸しもおいしいです。
ココのブログ見たら分かるかも
http://green.ap.teacup.com/kinokosansai/45.html

八幡太郎はお値段もリーズナブルなのでGOODです。
というか、首都圏に比べたら全体的に物価安いですけど。
大将はドレッシングの材料を聞き出そうとしてましたよ(笑)

さっきオフ会から帰ってきました!
秋田は半袖でもいいくらいのめちゃイイ天気でした!

2009.05.28 Thu 16:13  |  

>>Tajimama、梅松父

八幡太郎のシェフは、若かりし頃箱根の某有名ホテルで修行してたらしくて、基本がしっかりしてて美味かったっす。
遊びでやってる味ぢゃなかったっす。
おかみさんも優しくて居心地イイっす。 でもシェフ曰く、”たまに夜叉になる・・・”って(笑)

ボンナは茹でて酢味噌で食べると、少し苦味があって日本酒に合いますよー。

梅松来秋田は冬もいいけど、どうやら秋もイイらしい。
噂では(未確認)鮭がのぼってくるらしいので、梅・松・フラで鮭とり熊やりますか?
ってか確認してないから鮭漁は違法で駄目かもしれないっスね(笑)

  • #-
  • フラパパ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://saemo.blog34.fc2.com/tb.php/30-9196693a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

saemo

Author:saemo
フラ家(フラパパ&saemo)
東京でそれぞれ貿易会社の営業・映像ディレクターとして働いていましたが、『楽しく生きる為』 に
2009年3月、故郷の秋田に戻る。
都会っ子だったフランキー(6歳)と
新しい生活を綴ります~。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © saemo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。