スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森満喫!

1107281
昨日買ったおニューのTシャツ、サイズもピッタリでイイ感じ~。
そうです。これはユニコーンのライブ会場で売っている物販グッズ。

昨日、27日は青森市文化会館でユニコーンのライブなのでした。
2年ぶりのユニコーンツアー!前回は仙台に参戦したのですが今回は青森にしてみました。

普段面倒臭がってライブに付き合ってくれない大将もユニコーンツアーは楽しみにしていて
e+チケットで手配したら結構良さめの席が取れました。
幼馴染のようちゃんも誘って、久しぶりにはっちゃけちゃうぞ~
青森市内は初めてなので、早めに行って散策することにしました。

まずは、ようちゃんが行きたかった棟方志功記念館
1107283
棟方作品にパワーをもらった感じでした。

おみやげを買うため(それぞれ子供&ブヒを両親に預けてきているので)物産館アスパムへ。
大間のこんぶや、東北限定のお茶漬、しじみラーメンなど買い漁りました。

節電のため、弱冷房の建物内。暑くてテンションが落ちてきた大将は
1107282
ホタテソフトで何とか持ちこたえてました(笑)
ちなみにこのホタテソフト、塩っけを感じるだけでホタテ味は感じられませんでした…。


ライブの前の腹ごしらえはもちろん前から行ってみたかった
1108285
青森市の隠れた(?)ソウルフード、味噌牛乳カレーラーメン!
写真ではよく見えませんが、札幌ラーメン系なのでモヤシたっぷり。
麺も太くてもっちりした麺で食べ応え十分。
予想以上のボリュームなので、お腹を空かせてから向かうことをおススメします。

スープはバターも入っているし、コッテリなイメージだったのですが
見た目のイメージよりずっとあっさりしたスープでした。
牛乳が入っている重たさは感じません。サラッと飲めます。
カレーも全面にカレー味が出ているわけはなく、ほんのり感じる程度。
牛乳・味噌・カレーと本当はそれぞれがセンターをとってもいい存在同士が
バランス良く存在しあってます。
こちらのラーメン屋さん、納豆ラーメンや梅ラーメン、辛辛ラーメンといろんなメニューがありましたが
私達以外のお客さん(男性2人・4人家族・女性1人)全員味噌牛乳カレーラーメン頼んでました!
オーダー率100%

食べ終わって汗だくの大将。
1107284
ちょっとー!のれんに被ってるじゃん!
お店は味の札幌 大西
青森駅から近いと思います。青森にお出かけの予定の方はチェックしてみて下さいね。


体温もテンションも上がったままで、文化会館へ移動。
会場内はカメラ禁止だったので、撮影できませんでしたがセットも海賊船モチーフで素敵でした。
ライブは先に行ってた友達の感想通りパワーアップしてました。
泣いて、踊って、笑って、叫んで、心から楽しめるライブでした。

退職してから3年も経ってるし、会えるかしら…?と思ってましたが
スタッフさんに無事会えて、楽屋に挨拶に入れて頂きました。
1107286
「次こそ秋田にライブに来てください!」
重ねて直談判してきました(笑)
『秋田にユニコーンを呼ぶ会』結成しようかしら…。
10年ぶりくらいに再会できたスタッフさんもいて、嬉しい時間でした。

あー、何か青森の人がねぶた祭りの為に一年を暮らしているように
一年の中での一番の楽しみがもう終わってしまった気分…。
やっぱりライブは楽しいなぁ~

ライブの余韻を胸に抱えながら、夜道を飛ばして秋田に帰ります。
留守番していてくれたフラさんのお土産はこちら!
1107287
青い森のポケットりんご
カットしたりんごがそのままフリーズドライされている自然おやつ。
もちろん、めちゃめちゃガッついてましたよ~。





<余談>
今回のライブ、ようちゃんの娘(小5)のコもライブデビューの予定だったのですが
お腹にくる夏風邪を引いてダウン×××
初・ライブだったのに~~~~(T_T)
で、自分の人生初のライブ(コンサート)っていつだったろう…と考えてみました。
3歳くらいの頃に連れられて行った地元の体育館で行われた千昌夫でした。。。
しかも、モッシュダイブのようにお客さんに抱っこでステージまで運ばれ
当時、千昌夫の妻だったシェパード夫人と握手したのを子供ながらにうっすら記憶してます。
シェパードさんの手…汗でしっとりしてました。
ちなみに自分の意思で行ったのは小学校の時のチェッカーズだったと思います☆

で、大将に「人生初のライブって何だった?」と聞いてみました。
「ん?前回のユニコーン」と大将。
初のライブで本人に会えるって、アンタすごくね?!



ランキングに参加しています。
このクリックがsaemoの励みなのです~♪
ポチっとな!とクリックしていって下さいな。
   ↓
フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト

プロフィール

saemo

Author:saemo
フラ家(フラパパ&saemo)
東京でそれぞれ貿易会社の営業・映像ディレクターとして働いていましたが、『楽しく生きる為』 に
2009年3月、故郷の秋田に戻る。
都会っ子だったフランキー(6歳)と
新しい生活を綴ります~。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © saemo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。